未分類 分かりやすい文章のツボ 小論文のツボ60

小論文のツボ40 文末はできるだけ簡潔に。「思う」「感じる」「考える」は使わない。

投稿日:

130924ツボアイコン(緑)

「分かりやすい文章のための7ヵ条」第4条は、

文末はできるだけ簡潔に。「思う」「感じる」「考える」は使わない。

です。

日本語文の大きな特徴として「文末決定性」があります。

日本語の文章は、最後が「ない」で終わるのか、「ある」で終わるのかで意味がまるっきり反対になり、また、最後まで読まなければどちらなのかが分かりません。

また、日本人は文末を「ぼかす」言い方が大好きです。

例を挙げます。

<悪い例>
筆者の言うことも、わからなくもない。たしかにその通りといっても過言ではないだろう。私も同じ教育の現場に立つ者として、学校の「校則」と「個性」の問題はつねづね考えさせられないわけにはいかない。

しかし、「分かりやすさ」を重視した場合、これらの特徴は時として障害となります。

特に「ないとはいえない」といった否定語の連続使用は文章を「濁らせ」ます。

分かりやすく伝えるためには、文末はできるだけ肯定形にし、簡潔に表現しましょう。

<書き直し例>
筆者の言うこともわかる。たしかにその通りだ。私も同じ教育の現場に立つ者として、学校の「校則」と「個性」の問題はつねづね考えている。

また、「と思う」「と感じる」「と考える」という表現も使いすぎに注意です。

<悪い例>
私はこの人のいうとおりだと思う。体罰はもはや日本の文化だと思う。だからなかなかなくならないと思う。私は日本人のものの考え方を変える必要があると考える。

文章は思った「内容」を書くべきであり、思ったという「事実」は、わざわざ伝える必要はありません。

<書き直し例>
筆者のいうとおりである。体罰はもはや日本の文化だ。だからなかなかなくならない。まずは日本人のものの考え方から変える必要がある。

言い切ることには勇気が要ります。しかし、言い切ろうとすることで、思考に「たるみ」がなくなり、発言に責任感が生まれます。

そしてそれが「伝える力」になるのです。

おすすめ記事

-未分類, 分かりやすい文章のツボ, 小論文のツボ60

Copyright© 論文オンライン公式Webサイト|小論文通信添削講座 , 2017 AllRights Reserved.