「ブログ」 一覧

小論文のツボ16 思考法にも使える魔法の型(「報告」「分析」「提案」)

  構成も内容もおまかせの「自由記述」型のテーマが出されたときに「本当に使える3つの型」。 最後に登場するのがビジネス文書を書くときに大活躍する「報告」「分析」「提案」です。 ビジネス文書は ...

小論文のツボ15 口げんか必勝法(「引用」「判断」「根拠」「提案」)

    構成も内容もおまかせの「自由記述」型のテーマが出されたときに「本当に使える3つの型」。 2つ目は、「引用」「判断」「根拠」「まとめ・提案」です。 この型は、「資料付き」の問 ...

小論文のツボ14 結論から述べよ!(「応答」「根拠」「提案・抱負」)

  構成も内容もおまかせの「自由記述」型のテーマが出されたときに「本当に使える3つの型」。 一つ目は、基本中の基本、「応答」「根拠」「提案・抱負」です。 なぜ、この型が基本中の基本なのか。 ...

小論文のツボ13 「起承転結」は百害あって一利なし

「本当に使える三つの型」を説明する前に、なぜ、「起承転結」や「序論・本論・結論」といった伝統的な型が「百害あって一利なし」なのかを説明します。 「起承転結」は、もとは漢詩のレトリックです。 有名なのは ...

小論文のツボ12 たかが「型」、されど「型」

ツボ7で見たように、小論文作成は、「何を」「どう」書くかを細かく指定してくる「設問応答」型の問題なのか、それとも細かい指定をなにもしてこない「自由記述」なのかで、書き方に大きな差が出ます。 もし、「条 ...

小論文のツボ11 三種類の「肉の文」を使い分けよう。

「執筆」とは、プロットで書き込んだ「骨の文(=トピックセンテンス)」に「肉の文(=サポートセンテンス)」を書き加える作業です。 そして、この「お肉」には、三種類あります。 それは、 (1)言い換え表現 ...

小論文のツボ10 「骨の文」と「肉の文」を知ろう

小論文の設計図である「プロット」が完成したら、いよいよ「執筆」です。 でも、「執筆」は、それほど悩む必要はありません。 なぜなら「執筆」とは、プロットに書かれた「骨の文(=トピックセンテンス)」に、「 ...

小論文のツボ9 「プロット作成」でやるべき3つのこと

小論文作成のための「設問分析」「プロット作成」「執筆」「推敲」の4ステップ。 そしてこの4つのステップの中であなたがもっとも力を入れなければならないのは、「プロット作成」です。 「プロット」とは、「あ ...

小論文のツボ8 「資料付き」と「テーマのみ」難しいのは?

「設問分析」のステップでチェックしなければならない3つの項目。 1,内容は「作文寄り」か「論文寄り」か? 2,構成は「条件(設問)応答」か「自由記述」か? 3,「資料つき」なのか「テーマのみ」なのか? ...

小論文のツボその7 「設問応答」か? 「自由記述」か? それが問題だ。

小論文作成のための4つのステップ。 最初の「①設問分析」のステップでチェックしなければならないのは、以下の3つの項目です。 1,内容は「作文寄り」か「論文寄り」か? 2,構成は「条件(設問)応答」か「 ...

Copyright© 論文オンライン公式Webサイト|小論文通信添削講座 , 2018 AllRights Reserved.