本業ブログの「箱」を作る!(と、うれしい報告)

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

130924ツボアイコン(オレンジ)

 ●いつの間にか順位が18位も上がっていました! がっ(笑)

さて、週初めにうれしいお知らせを。

サイトとブログを同じドメインに集めてブログ記事を書くことで、検索順位を上げてサイトの訪問者数を増やそうと目論んでいるこの企画。

先日(2013年12月6日)、サイトの順位をもっとも大きなワードである「小論文」でチェックしたところ、いきなり本業ブログ新装開店時(12月2日)の「75位」から「57位」にジャンプアップしていました!

131206検索順位

で、第一印象は、「あれっ! 順位ってこんなに簡単に変わるんだっけ?」という感じで、「よっしゃ!、この調子なら10位以内楽勝じゃね?」と思っていたんです。

そしたら、その次の日(12月7日)にいきなり4位ダウンで「61位」(笑)。

その次の日も順調に(?)5位ダウンで「66位」まで下がってしまいました(^^;)

で、本日(12月9日)に日付が変わった直後にチェックしたら、ちょっとだけ上がって「64位」になってました。

この動き。どういうことかと考えたんですけど、おそらく「ブログ更新」の頻度が“まだ”関係していると思われます。

というのも、このジャンプアップの期間中にやったことと言えば、本業ブログの「言有宗」に「小論文のツボ」を2本/日でアップしただけで、逆にダウンした2日間はこの更新をやめていたんです。

こりゃいかん、ということで昨日2本更新したら、2ポイントアップ。

これは確実に「更新頻度」が即座に順位に反映されていると思われます。

あと、まだ記事が少なく検索からの流入が少ないこともこんなに敏感に順位が反応する一因でしょう。

今後、ストック記事が充実し、コンスタントに検索からの流入が増えてくれば、更新頻度による順位変動もマイルドになるのでしょうが、それまでは更新頻度によってアップダウンを繰り返すのかもしれません。

あと一つ、これだけ反応がビビットに出た要因は、「タイトルの付け方」だと思われます。

じつは、アクセス数からいうとこちらのブログ(「ブログを本業に活かす!」)の方が多いのです。ソーシャルで「いいね!」されたり、リツイートされたりする回数もこちらの方が多い。それも本業ブログの「言有宗」よりも一週間早くスタートしています。

しかし、その1週間の間、「小論文」というキーワードでの順位はピクリとも動いていません。

一方、「言有宗」の「小論文のツボ」カテゴリーの記事はすべて、

「小論文のツボ(数字) ××××××××××」

というタイトルで統一されています。

つまりタイトルの最初の単語が全部「小論文」となっているわけで、こう書かれていたらどんなにGoogleさんが偏屈でも、このブログには「小論文」に関する記事が集まっている、と判断せざるを得ないでしょう。必然的に「小論文」というキーワードでの順位が敏感に反応した。

こういうことだと思います。

なので今週も引き続き、順調に遅れている(笑)本業ブログの整備をしつつ、このあたりを意識しながら試行錯誤をしていこうかと思います。

 ●今週は、本業ブログの「箱」ができるまで。

さて、今週は本業ブログの「箱」ができるまでを振り返ってみようと思います。

じつは自分で独自ドメインでWordPressを設定してブログを書き始めるまでって、結構いろいろ面倒だったりするのです。

つまり、中身を入れる「箱」を作るまでが大変で、そのせいで独自ドメインでブログを始められない人も多い。

なので、その「箱」を作るまでの課程を、お話ししようと思うのです。

ただ、このあたりの説明なんですが、技術的なことについてはあまり深入りはしないでおこうと思います。同じようなことをもっとうまく解説しているサイトはたくさんありますし、情報はどんどん古びていってしまう。あくまでも「私の場合はこうだった」という形でお話ししますので、もしこの記事を読んで自分でもやってみようという人がいらっしゃったら、ぜひ自己責任で最新情報をググってみてください。

またここで書くことももしかしたら、「もっといい方法」があったり、ここで述べた見解に間違いがあるかもしれません。その時はコメントでぜひお知らせください。

流れ的にはこんな感じにしようと思っています。

1,WordPressの設定と「マルチサイト」化(←今日)
2,テーマ選びとプラグイン
3,カバー画像作成とアイキャッチ
4,Google様関連の設定

で、さりげなくアナウンスですけど、このブログの更新頻度を「基本的に週4回」とさせていただきます。

2週間ほどこのブログを更新してきて、本業を圧迫せずにやっていけるのはこのくらいの頻度かな? と思ったからです。

どの曜日に更新するとかとか、絶対に4回だとかは決めずにやっていこうと思いますので、その点、ご了承ください。

 ●WordPressの設定と「マルチサイト」化

さて、WordPressを使って独自ドメインで本業サイトと本業ブログを運営しようと思った私が、最初にしなければならなかったことは、以下の3つでした。

1,サーバーの移転
2,WordPressのインストール
3,マルチサイト化

まず、「1,サーバーの移転」を行いました。

前も書きましたが、私は最初は本業サイトをリニューアルしようとしてWordPressと出会いました。

SEO的にもいいみたいだし、スマホ対応のテーマもたくさんあるし、自分で更新しやすいみたいだし、と楽観的希望のかたまりで(笑)その時に契約していたサーバ会社に「あのう、WordPress使いたいんですけど・・・」と申し出たんですが、「うちじゃ出来ません」と言われ、いきなり頓挫。

で、結局WordPressが使えるサーバ会社にサーバを移転したのです。

選んだのは、【エックスサーバー】でした。

ここは、WordPressも自動インストールで、さまざまな設定の自由度も高く(と私には感じられ)、料金もリーズナブルでした(と私には感じられました)。

で、無事に(なんとか?)サーバーを移転したその次に行ったのが、「2,WordPressのインストール」です。

このインストール。このページを見ながら行ったのですが、特に問題はありませんでした。

WordPress 自動インストール

で、この2つの作業。今回私は自分でやりましたが、もし頼める人が近くにいるようでしたら頼んでしまった方が良いと思います。なぜならここまでは「誰がやっても同じ」だからです。わざわざ本業に使える時間をこっちに注ぐことはありません。

ただ、次の「3,マルチサイト化」を行う前には、ちょっと自分で「考える」必要があります。

「マルチサイト化」というのは、一つのWordPressで、仮想的に複数のサイトを運営できるようにすることです。

考え方や、設定の仕方は【こちらの記事】が分かりやすいです。(リンク先は、私が採用した「サブディレクトリ型」の説明ページになっています)

マルチサイト化にはいくつか方法があるのですが、「ドメインに統一感を出したい」「SEO的に有利(らしい?)」ということで、「サブディレクトリ型」のマルチサイト化を行いました。

マルチサイト化したWordPressのダッシュボードは、以下の様になります。

マルチサイトダッシュボード

 

で、この作業をするときなのですが、事前にどの形式のマルチサイト化を行うかをよく考えてから行いましょう。

一旦設定すると別な方法に変更することは出来ません。

ですので【こちらの記事】や【こちらの記事】を参照して自分に最適な方式を選んでください。

また、私のように「サブディレクトリ型」を選ぼうとしている人は注意してください!

既存の WordPress に公開済みの投稿がある場合はサブディレクトリ型を選ぶことはできません。(より正確には 2ヶ月以上前の日付の投稿がある場合はサブディレクトリ型を選ぶことができない仕様になっています)

私はこれにひっかかり、大変苦労しました(^^;)。

先に本業サイトの方をWordPressでリニューアルし、本業ブログを同じドメイン下でマルチサイト化しようと思ったのが、すでに本業サイトを稼働させてから半年後。

「サブディレクトリ型」は選ぼうにも選べず、結局、人に頼んでデータベース内のタイムスタンプを書き換えてもらう(=全部の記事の日付を最近1ヶ月以内にする)ことで、WordPressを「騙して」なんとか「サブディレクトリ型」でのマルチサイト化を完了しました。(その節はお世話になりました。【なみぶたぁのだんな】(笑))

マルチサイト化は計画的に。特に「サブディレクトリ型」を選ぶならお早めに。

この標語(笑)は覚えておいて損はないです。

さらに【やり方によってはマルチチサイトする必要がない】場合もありますので、そのあたりも含めて慎重に「考えて」からマルチサイト化は行った方がよいでしょう。

さ、だいぶ長くなっちゃったので、今日はこのへんにしておきましょう。

今日はここまで!

 

 ●facebookページに「いいね!」、G+ページを「フォロー」、お願いします!

このブログと連動して、facebookページとGoogle+ページを作成しました。

ぜひ、「いいね!」と「フォロー」をお願いします。

facebookページはこちら→【facebookページ「ブログを本業に活かす!」

Google+ページはこちら→【Google+ページ「ブログを本業に活かす!」

 

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です