地方自治体社会人・経験者採用 小論文特訓講座 by 論文オンライン

こんな講座です!

  • 地方自治体経験者採用の小論文に特化した3~6ヶ月間の集中講座!
  • オリジナルテキストで「何を」「どう」書くべきかが分かる!
  • 典型的な予想問題、あるいはあなたの志望先の過去問から合計4題の演習つき!
  • 一次試験合格者はスカイプによる面接練習も受けられる!
  • コンビニが近くにあれば、スマホだけでも受講できる!

代表、石井秀明の責任指導!

320×250ishii本講座は、論文オンライン代表、石井秀明がすべての指導を責任を持って行います。

論文オンラインの開講は1999年。以来、毎年、公務員試験や昇進昇格試験、社会人入試などの答案を中心に、約1500本の添削指導を行い、数多くの受験生を合格に導いて参りました。

小論文に関する著作も数多く、そのいずれもが版を重ね、今やロングセラーとなっております。

石井秀明の著作群

640x570本紹介

「絶対決める!公務員試験論文・作文」

320x320公務員本(190px)「実践添削例から学ぶ 絶対決める! 公務員試験 論文・作文」(新星出版社)は、石井の手による公務員試験の小論文対策本です。

2004年に出版され、毎年改訂を加えて「わかりやすく、短期間で実力のつく参考書」として好評を博しております。

 

合格者の声

論文オンラインの指導は本当に素晴らしかったです(札幌市役所 S.Kさん)

私が受験した社会人枠の公務員試験の科目は、教養試験と論文、それと面接でした。

一度プロによる指導が受けたいと思っていた私は、インターネットの検索を駆使して「論文オンライン」にたどり着いたのです。

知人からの紹介などではなく、インターネット経由であったため、最初は本当に満足のいく指導をいただけるか不安がありました。

しかし、石井代表の「必ず受かる社会人・経験者公務員試験小論文」を購入して熟読した結果、ここなら満足のいく指導をいただけるだろうと確信しました

いざ、始めてみると、論文オンラインのご指導は本当に素晴らしかったです。

まず、ご指導の内容が的を得ていて明快であること、わからないことや質問事項に対し、誠実に回答いただけること、提出から添削までが、他の論文指導機関と比較して短期間であること、提出日を自分で決定でき、自分のスケジュールに応じて論文提出ができること、など、どれをとっても受験生のためを思って作られたシステムだと感心しました。
また、面接の前にはskypeを使った面接練習をさせていただき、普段自分では気がつかなかった自分の強みを指摘してもらった時は、本当に感激しました。

春からは念願の公務員としての仕事が始まります。こうして自分が夢を叶えることができたのも論文オンラインのおかげだと本当に感謝しています。ありがとうございました!

 

今までに対応した自治体一覧<50音順>
愛知県/青森県/秋田県/石川県/岩手県/宇都宮市/大阪府/鹿児島県/神奈川県/川崎市/北上市/北九州市/岐阜県/京都市/京都府/倉敷市/群馬県/神戸市/埼玉県/さいたま市/相模原市/札幌市/静岡市/静岡県/島根県/仙台市/草加市/千葉市/千葉県/徳島県/栃木県/長野県/名古屋市/新潟県/新潟市/函館市/姫路市/兵庫県/広島県/広島市/福山市/福岡県/福岡市/北海道/三重県/宮崎県/武蔵野市/山梨県/横浜市

地方自治体「社会人・経験者」専用のテキストです!

320x320地方自治体表紙(190px)このテキストは、「社会人・経験者採用」“専用”のテキストです。

このテキストの中には、当講座が培ってきた「社会人・経験者採用」枠の小論文試験に関するノウハウがすべてつぎ込まれています。

書き込み式のテキストで演習し、豊富な実践添削例を読むことで、あなたの実力は確実にアップすることでしょう。

このテキストは以下の4つの章に分かれています。

 

●第1章:「職務経験論文」編

地方自治体の「職務試験論文」とは?
職務経験棚卸しシート
職務経験の概要を棚卸しする
過去の職務の山場(プロジェクトX)を棚卸しする
職務から学んだことを棚卸しする
「職務経験論文」を書いてみよう!

●第2章:「課題論文」編

地方自治体の「課題論文」
課題式論文完全作成法
「設問応答型」への対処法
「自由記述型」への対処法
これだけは押さえよう。課題式論文の頻出テーマ
分かりやすい文章のための10ヶ条

●第3章:「面接」編

「面接試験」では何を評価するのか?
予想質問に答えてみよう!

●第4章:「実践添削例」

課題No,1 職務経験論文①
課題No,2 課題式論文①
課題No,3 課題式論文②
課題No,4 課題式論文③

●予想問題集

 

過去問or予想問題から4課題、合計8回の添削つき

今回の特訓講座では、典型的な予想問題あるいはあなた自身の志望先の過去問題から合計4課題を選んでもらい、それを「繰り返し添削」することで合計8回添削を受けてもらいます。

<受講の流れ>

 

1,お申し込み・お支払い
このページの最下部にあるボタンからお申し込みください。お支払い方法は「クレジットカード」と「銀行振り込み」となります。440×100支払いマーク
2,テキスト到着
ご入金が確認できると、テキストを発送いたします。
220x220地方自治体表紙(190px)
 
3,答案作成
テキスト発送と同時にお送りする「答案提出の仕方」というメールをご確認の上、テキスト巻末の予想問題、あるいはあなたの志望先の過去問から合計4問をお選び頂いて答案を作成してくださいワープロによる入力でも原稿用紙への手書きでもかまいません。
320×116ワープロ・手書きアイコン
4,答案提出
答案が完成したら、「メールにファイル添付」か「ファックス」でご提出ください(「郵便」でも可能ですが、タイムラグを考えるとお薦めできません)。
320x116メール・FAXアイコン
※1回の締め日に添削できる本数に限りがありますので、1回の締め日に提出できる答案は1本のみとなりますことをご了承ください。
5,添削返却
こちらに到着した答案は以下のスケジュールにて添削処理され、返却されます。返却はすべてメールにpdfファイルの添付にて行います。
450x220添削返却
※詳しくはお申し込み後お送りする詳しいスケジュールをご覧ください。
6,「繰り返し添削」
4,と5,を1課題あたり「2回」、4課題合計で「8回」繰り返してください。最短で3ヶ月、最長で6ヶ月で演習は終了します。
440×440受講の流れ
7,受講終了
8回の添削が終了した時点でこの講座は受講終了(面接練習は1年間有効)となります。受講終了後は「オーダーメイド通信添削」や各種添削サービスをご利用いただき、最後の最後まで実力を上げていきましょう。(このページの一番下にあるリンクからどうぞ)
 140303ロゴ(論文オンライン)small

 

スカイプによる30分間の「面接練習」付き!

110×112Skypeロゴこの講座の受講生に限り、1次試験合格者に対しては、スカイプを使った面接練習を30分間プレゼントします!(スカイプが使用できない環境にある方は電話にて対応いたします)。

いくら良いことを考えていても効果的に話せなければ意味がありません。

直接、顔を見ながら面接練習することで、話し方や目線の動きまで、細かい部分まで指導します。

 

よくあるご質問と回答

演習は自分のペースで進めて良いのですか?
はい、大丈夫です。ただし添削できる答案の本数に限りがあるため一回の〆日でに提出できる答案は1本のみ、また受講期間は最長6ヶ月ですので、その期間内で演習を計画的に進めてください。
試験まで3ヶ月を切っているのですが申込みはできますか?
いいえ、当講座の演習は最短で3ヶ月かかります。試験まで3ヶ月を切っている方は、論文オンラインのサイトからテキストのみをご購入いただき、添削は通常講座である「オーダーメイド通信添削」をお申し込み下さい。
スマホしか持っていないのですが受講できますか?
はい、大丈夫です。答案の提出も添削結果の受け取りもコンビニのコピー機(複合機)からできます。お申し込みの際にお申し出下さい。
家にファックスがないのですが答案はコンビニから送信しても良いですか?
はい、大丈夫です。氏名や連絡先を忘れずに記入してコンビニからファックスして下さい。

 

 

さぁ、お申し込みは今すぐ!

商品セット内容一覧

320x320地方自治体表紙(190px)

  • オリジナルテキスト「必ず受かる社会人・経験者公務員試験小論文 地方自治体版」
  • 予想問題&各自の志望先の過去問 徹底演習4課題(8回添削)受講権利
  • 2次試験対策用skype面接練習30分間
  • 「小論文書き方バイブル」ダウンロード版

料金と支払い方法

36,720円(税込み)

・すでにテキストブックをお持ちの方用の特別価格
33,480円(税込み)

※お申し込みフォームで、ご自分に該当する方をお選びください。

440支払い方法

 

640×168pix(赤)お申し込みボタン

 

 

 

 

 

All photos Copyright(C)2010 paylessimages,Inc.All Right Reserved.


220×65pix問い合わせボタン

さらに多彩なソリューションは公式Webサイトで!

140303ロゴ(論文オンライン)small

特定商取引法に基づく表記
個人情報保護の方針

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP