月別アーカイブ: 2013年11月

本業ブログが備えるべき4種のカテゴリー

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

130924ツボアイコン(オレンジ)

 ●キーワードは、M・K・P・N

昨日は、自分のブログをどうポジショニングして、「見せたい自分」の姿を確定するか、という話をしました。

そして「見せたい自分」を具体的な形にするのが「カテゴリー」です。

この「カテゴリー」。きちんとポリシーを決めて作っていかないと無秩序に多くなっていくか、「未分類」の記事が異様に多くなっていってしまうもの。

で、私自身は本業ブログのカテゴリーを考える際にヒントとなるのは、以下の四つの言葉だと思っています。

Mission(ミッション)
Know-How(ノウハウ)
Personality(パーソナリティ)
News(ニュース)

以下の図をご覧ください。

カテゴリーの4つの要素

 

まず、ブログ記事が「ストック」と「フロー」に分かれるのは、【こちらの記事】でお話しした通りです。

そして、「ストック」記事の代表が、「M(ミッション)」と「K(ノウハウ)」、「フロー」記事の代表が「P(パーソナリティ)」と「N(ニュース)」になります。

以下、一つずつ説明します。

・M(ミッション):自らの使命を語って<共感>を得る!

「自分がなぜ、この仕事をしているのか?」「どのような経緯でこの仕事をするようになったのか?」 そういった自分の本業ビジネスの根幹を述べる記事群が、「M」カテゴリーになります。

一昨日の「アレルギーの子でも食べられるお菓子」の話や「半澤直樹のような税理士(笑)」の話が代表例ですが、自分のビジネスに対する熱い「想い」を語ったこれらの記事は、読者の<共感>を呼び、あなたのことをもっと知りたいと思わせます。

(逆にこのカテゴリーの記事を読んで共感できない人は去って行きます。これは将来発生したかもしれない人間関係上のリスクを減らすという意味でプラスに働きます)

・K(ノウハウ):蓄積したノウハウを語って<信頼>を得る!

「K」カテゴリーは、「あなたはなぜ私に仕事を頼むべきか?」を語ってくれます。

自分が本業の中で培ったノウハウをブログ上で公開することで、読者はあなたを<信頼>するのです。

私であれば「小論文の書き方」ですし、PCサポートであれば、さまざまな知識や細かなTIPS(=ちょっとしたポイント)、士業であればさまざまな事例集やQ&A、クリエーターであれば、自分の作品の制作過程なども、このカテゴリーでしょう。

そして、この二つが本業ブログの、いわば「土台」となってくれるのです。

・P(パーソナリティ):人間味を開示して<好意>を得る!

さて、しっかりとした「土台」を築いたら、その上にその人の人間性を伝える「P」カテゴリーを作ると、読者はあなたを「好き」になってくれます。

本業とは直接関係のない趣味の話や生活の中での失敗談など、「ああ、この人も人間だな」と思わせる記事を読むと、人はあなたに<好感>を持ってくれるのです。

・N(ニュース):最新情報を提供して<行動>してもらう!

最後に「N」カテゴリー。ここではあなたの業界の最新情報を伝え、また自分のビジネスの告知を行うことで、読者に動いてもらいましょう。

セミナーやキャンペーンの告知、いわゆる「お知らせ」をすることで読者に動いてもらいます。

「M」「K」「P」の記事をすでに読んだ読者であれば、「N」の情報によって<行動>しやすくなっているはずです。

そして、これら4つのカテゴリーはそれぞれの役目を担いつつ、ブログ読者をあなたの顧客へと変えてくれます。

M(ミッション)に「共感」し、
K(ノウハウ)で「信頼」して、
P(パーソナリティ)に「好意」を持ち、
N(ニュース)で「行動」する。

これが目指すべき読者の動きなのです。

 ●重要なのはM・K・P・Nの「配合」バランス!

ただ、このM・K・P・N、つねに4つが揃っていなければならない訳ではありません。また、4つが均等である必要もありません。

あなたの本業に一番つながる形になるように、うまく配分してバランスをとりましょう。

たとえば、信頼第一の士業の人であれば、「P」カテゴリーだからといって酔っ払った写真を掲載したり、昔の「武勇伝」などは書くべきではありません。

高額商品を売りたい人があまりにも庶民的であったり、「K」そのものが商品の人がそのすべてを書き込んでしまったりしたら、本業を邪魔することになるでしょう。

自分の本業にうまく繋がるようにカテゴリー分けして、最適な配合バランスを考えることが大事なのです。

さて、ここまで説明して私が今後どのようなカテゴリーでブログ記事を書くつもりか、ですが・・・・、じつはまだ固まっていません(笑)

まず「K」として「小論文のツボ60」をベータ版の記事をリライトしてアップすることは決まっているのですが、それ以外はこれから考えていきます。

「P」として添削屋の日々を語る「添削屋日乗」、「N」として、毎日配信している「考えるヒント」をまとめて週末に特に印象に残ったヒントについて語る「今週の“考えるヒント”」なんかがいいかな、とは思っているのですが、「M」が難しい。。。

まあ、これも自分のビジネスを見直すいいチャンスだと思ってじっくりやっていこうと思います。

●復習のお時間です!(笑)

さて、2013年12月2日(月)の本業ブログ「言有宗(げんゆうそう)」の本格稼働開始前に連載してきた、「どのような本業ブログを目指すべきか?」シリーズは、いったん今日で終了です。

また、このブログは、私が週末に人間としての本業である「二児の父」をするため、土曜日と日曜日はお休みとなります。

ですので、お時間が比較的取れる週末には、今までの記事を復習(?)しておいていただければと思います。

以下に各記事へのリンクを貼り付けておきますので、お時間のあるときにぜひ、お読みください。

ブログスタートにあたって (このブログについて)】(11月22日)

【これからの本業ブログに求められる“5つの条件”】(11月25日)

本業ブログは「拡散」して「リサイクル」してナンボ。】(11月26日)

目指すべきは、ストック型“分身”ブログ!】(11月27日)

自分の本業ブログのポジションを決める!】(11月28日)

それでは、今日はここまで! また来週お会いしましょう。

 

●facebookページに「いいね!」、G+ページを「フォロー」、お願いします!

このブログと連動して、facebookページとGoogle+ページを作成しました。

ぜひ、「いいね!」と「フォロー」をお願いします。

facebookページはこちら→【facebookページ「ブログを本業に活かす!」

Google+ページはこちら→【Google+ページ「ブログを本業に活かす!」

 

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket