昇進・昇格試験小論文特訓講座

【5月20日まで!】ただいま本講座をお申し込みの方に、追加添削1回分プレゼント中! 【詳しくはこちらをご覧ください。

こんな講座です!

  1. 企業の昇進・昇格試験小論文に特化した最短3ヶ月間の集中講座!
  2. 御社の過去問やテキストブックの予想問題から好きな課題を選んで演習できる!
  3. 専用のテキストブックで「何を」「どう」書けば良いかが分かる。
  4. テキストブックの予想問題は解答例つき!
  5. 希望者はZOOMによる面接練習が受けられる!
  6. 通常料金の半額であなたの答案を模範解答化できる!

代表、石井秀明の責任指導!

本講座は、論文オンライン代表、石井秀明がすべての指導を責任を持って行います。

論文オンラインの開講は1997年。以来、毎年、公務員試験や昇進昇格試験、社会人入試などの答案を中心に、約1500本の添削指導を行い、数多くの受験生を合格に導いて参りました。

小論文に関する著作も数多く、そのいずれもが版を重ね、今やロングセラーとなっております。

石井秀明の著作群

「伝わる!評価される!小論文の技法」<理論編><トレーニング&実技編>

「伝わる!評価される!小論文の技法」<理論編><トレーニング&実技編>(産業能率大学出版)は、石井の手によるビジネスパーソン向けの小論文対策本です。

2012年に出版され、「わかりやすく、短期間で実力のつく参考書」として好評を博しております。

合格者の声

迷わず「論文オンライン」を薦めたいと思います。(T.M.さん 電子機器・精密 技術・生産)

社内の昇進試験の論文対策として、どこか添削してもらえるところをネットで探していて、「論文オンライン」を知りました。自分の文章構成や表現上の問題点を具体的に指摘してもらい、修正したかったのです。

演習は過去問と論文オンラインの予想問題とを半々で取り組みました。

添削で良かったと思うのは、何よりも指摘事項が具体的な内容で、非常にわかりやすかったことです。

それまでは会社の上司や先輩に論文をチェックしてもらっていましたが、ただ「文句」を言われるだけで、「では、どうしたらいいのだろう?」という気持ちが残っていました。

しかし石井先生の添削では、「ここをこうすればもっとよくなる」という非常に具体的なアドバイスをいただき、それを何度も読み返して次の論文作成に生かしていくことができました。

自分の周りにこれから論文試験を受けようとしている人がいるなら、迷わず「論文オンライン」を薦めたいと思います。

本当にありがとうございました。

 

試験日直前まで応援してもらえたのが心強かったです。(S.H.さん 物流 総務)

学生時代を除けば、1度も小論文を書いたことのない私でしたが、無事「合格」できたのも全てこの論文オンラインに出会えたお陰だと思っています。

仕事をやりながらでしたので、とにかく時間との戦いでした。試験の日は、せまってくるし上手く書けないしでかなり焦りました。

しかし、繰り返し同じ課題を使ってかきなおすことで、だんだん自分の思っていることが明確になって書きやすくなりました。

とにかく、あせらず先生の言うとおりに練習していればだんだんと「こんな感じかなぁ」とつかめるはずです。

添削の良かった点は、本当にわかりやすく説明してくれたことです。また、だれか分からない人が添削するのではなく、石井先生が最初から添削して下さり、試験日直前まで応援してもらえたのが心強かったです。

本当にありがとうございました。

 

「昇進・昇格試験小論文」専用のテキストです!

このテキストは、「昇進・昇格試験小論文」“専用”のテキストです。

このテキストの中には、当講座が培ってきた「昇進・昇格試験」の小論文に関するノウハウがすべてつぎ込まれています。

このテキストで理論を学び、豊富な例文を読むことで、あなたの実力は確実にアップすることでしょう。

このテキストは以下の3つの章に分かれています。

第1章:必勝! 合格答案作成法
・第1節 小論文作成の4ステップ
・第2節 設問分析
・第3節 プロット作成
・第4節 執筆
・第5節 推敲・アノテーション

第2章:昇進・昇格試験の実際
・ケース1 基本的な設問応答型
・ケース2 自由記述型(「応答」「根拠」「提案・抱負」)
・ケース3 自由記述型(「引用」「判断」「根拠」「提案」)
・ケース4 自由記述型(「報告」「分析」「提案」)
・ケース5 ケース・スタディ問題
・ケース6 志望理由書(社内留学)
・ケース7 設問応答型(社内留学)

第3章:予想問題
・テーマのみ問題
・資料付き問題
・ケーススタディ問題

過去問と予想問題演習で実力アップ!

受講の流れ

1,お申し込み・お支払い
このページの最下部にあるボタンからお申し込みください。お支払い方法は「クレジットカード」と「銀行振り込み」となります。

2,テキスト・受講の手引き到着
ご入金が確認できると、受講の手引きをメールし、テキストブックを発送いたします。両方を熟読して答案作成の準備をしてください。

3,答案作成
御社の過去問やテキストブックの予想問題を利用して答案を作成してください。その他事前提出書類の添削も可能です。ワープロによる入力でも原稿用紙への手書きでもかまいません。

4,答案提出
答案が完成したら、「答案提出フォーム」よりご提出ください。ワープロデータの場合は、添付にて、ファックスの場合は、提出フォームから情報をお寄せいただいた上で、ファックスしてください。1回の締め日に添削できる本数に限りがありますので、1回の締め日に提出できる答案は1本のみとなりますことをご了承ください。

5,添削返却
こちらに到着した答案は以下のスケジュールにて添削処理され、返却されます。返却はすべてメールのリンク先からpdfファイルの添付をダウンロードする形にて行います。

6,「繰り返し添削」
4,と5,を1課題あたり「2回」、4課題合計で「8回」繰り返してください。テキストブックに掲載された予想問題に挑戦した場合は、2回目の添削をお返しするときに解答例もお送りします。最短で3ヶ月で演習は終了します。有効期限はお申し込み日から12ヶ月です。440×440受講の流れ

7,受講終了
8回の添削が終了した時点でこの講座は受講終了となります。受講終了後は「オーダーメイド通信添削」や各種添削サービスをご利用いただき、最後の最後まで実力を上げていきましょう。

 

ZOOMによる30分間の「面接練習」付き!

この講座の受講生に限り、希望者に対しては、ZOOMを使った面接練習を30分間プレゼントします!(ZOOMが使用できない環境にある方は電話にて対応いたします)。

いくら良いことを考えていても効果的に話せなければ意味がありません。

直接、顔を見ながら面接練習することで、話し方や目線の動きまで、細かい部分まで指導します。

 

通常料金の半額であなたの答案を模範解答化!

この講座の受講生に限り、通常料金の半額であなたの答案をリライトして模範解答化します。

自分の答案を極限までレベルアップしたらどのような文章になるのか? 気になりますよね。

希望者には、通常料金の半額(例:納期1週間1500文字で通常5000円のところ2500円)で、添削の終わったあなたの答案をリライトして、あり得べきベストの文章に仕立て直します。

 

よくあるご質問と回答

演習は自分のペースで進めて良いのですか?

はい、大丈夫です。ただし添削できる答案の本数に限りがあるため一回の〆日に提出できる答案は1本のみ、また受講期間は最長12ヶ月ですので、その期間内で演習を計画的に進めてください。

試験まで3ヶ月を切っているのですが申込みはできますか?

いいえ、当講座の演習は最短で3ヶ月かかります。試験まで3ヶ月を切っている方は、論文オンラインのサイトからテキストのみをご購入いただき、添削は通常講座である「オーダーメイド通信添削」をお申し込み下さい

スマホしか持っていないのですが受講できますか?

はい、大丈夫です。答案の提出も添削結果の受け取りもコンビニのコピー機(複合機)からできます。お申し込みの際にお申し出下さい。

家にファックスがないのですが答案はコンビニから送信しても良いですか?

はい、大丈夫です。氏名や連絡先を忘れずに記入してコンビニからファックスして下さい

なぜテキストブックの予想問題にしか解答例がないのですか?

御社の過去問は状況がそれぞれ異なり、各自の経験を活かす形で書かなければならないため、一律の解答例を添付することができません。通常料金の半額であなたの答案をリライトして模範解答例を作成するサービスが当講座にはついておりますので、もし答案の模範解答化が必要であれば、そちらのサービスをご利用ください。。

 

さぁ、お申し込みは今すぐ!

商品セット内容一覧

  1. オリジナルテキスト
  2. 過去問・予想問題などから4課題合計8回の添削
  3. テキストブックの予想問題に対する解答例
  4. 希望者に30分間の面接練習
  5. 通常料金の半額で添削済み答案を模範解答化

 

料金と支払い方法

現在、当講座でご利用いただける決済方法は以下のとおりです。

・銀行振込(ジャパンネット銀行)
・クレジットカード(paypal)

 

 

【通常価格】
37,400円(税込み)

【テキストブックすでに所有】
34,100円(税込み)

 

 


 

講座に関するお問い合わせはお気軽に!

 

投稿日:2019年3月24日 更新日:

Copyright© 論文オンライン公式Webサイト|小論文通信添削講座 , 2019 AllRights Reserved.